Image Image Image Image Image

indieVISUAL(インディー・ビジュアル)
沖縄のビデオ制作専門映像クリエイター

Scroll to Top

To Top

プロダクション ノート

沖縄高校野球のミニチュア風映像 / GH3 Time-lapse【休日】

このところ、GH3を使ったタイムラプス熱が下がりません。
6月22日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われた沖縄高校野球の試合をミニチュア風映像にしてみました。

YouTubeバージョン

一度はやってみたかった野球の試合のタイムラプス。
本当はこの日は下見のつもりで行ったのですが。ちょっと試し撮りのつもりが、流れに身を任せてそのまま一試合を撮りおさめ。(大抵の場合、創作は直感の赴くままです。)

この試合の対戦カードは、真和志高校 VS 久米島高校。結果は、4-1で真和志高校の勝利でした。



制作メモ

3時間の間に、インターバル撮影で写真を9000枚ほど撮影。

観戦してる人の邪魔にならないようにしないといけないし、特にネット越しの撮影は難しい。

一眼ムービーでも、ネットが消えるほどボケてはくれません(笑)

残念ですが、観客が多く、指定席の設けられたプロ野球の試合ではまず同じような撮り方はできないでしょう…(1人では。)


編集で気付いたこと。
タイムラプスというものは、人が被写体でしかも動きの大きい動作をしている場合には扱いが非常に難しい。
ピッチャーやバッターが大きめのサイズで写っているシーンは、コマ送り風に引き延ばさないといけないようです。
景色が被写体の場合は、早送りにすると雲の動きが大きくなるので面白い。まぁ、景色をコマ送りしても、ビデオで撮影したものとあまり違いがなくなってしまうわけなのですが。

写真の枚数がこれまでの2倍だからか、Ediusがこれまでになく重い。プロジェクトデータの保存に20秒はかかりすぎです。
今回は、ミニチュア風の映像に近づけるために、カラーグレーディングプラグインのMagic Bulletでグレーディングを施しました。
こういう映像は出来る限り現実味を出さないようにするかがポイントになってくるのでしょうか。

カラーグレーディングとは

Tags | , ,

コメント